むちうち被害について

交通事故の後遺障害の中でも代表的だと言われているものがむちうちによる障害だと言われています。これによって痛みやしびれが残ってしまう神経の障害で、病院では外傷性頸部症候群などと呼ばれています。また、さらに上のむちうちによる障害で上の障害が認定されるためには条件をクリアする必要があり、痛みやしびれなどの症状が交通事故によるものであることを証明しなければいけません。

その痛みが交通事故以外の原因なのではないかと指摘されないようにするためにも、事故の直後に病院に行き、検査を受けることが大切になります。それだけではなく、むちうちによる痛みやしびれの症状が画像からなど他覚的所見によって医学的に証明されなければいけないということです。

むちうちによる後遺症と交通事故の因果関係が証明することができ、CTやMRI画像で異常を確認することができれば、14級よりも上の12級13号として認定されます。

また、14級9号が認定されるための条件も簡単なものではなく、負傷の状態や治療の経過から被害者の自覚症状に一貫性が認められなければいけません。

被害者の感じている症状がウソではないと証明するためにも継続的な通院が必要になると言われています。

むちうちによる後遺症は等級認定を得るのが難しいと言われていますが、納得のいく結果が欲しいなら通院をさぼらずに医師に症状を伝えることが大切です。

合わせて読む:低髄液圧症候群とは