低髄液圧症候群とは

交通事故の後遺障害の種類の中に低髄液圧症候群があります。このページでは低髄液圧症候群について説明します。脳と脊髄は繋がっています。しかし、その脳と脊髄の繋がっている空間に何かの原因で穴が開くケースがあり、空間は穴があくと空間内を満たしている液があふれ出してしまいます。

まず、この液が漏れてしまうと閉鎖空間の中で脳と脊髄を浮かせるための液が足りなくなり、圧力が低下します。この空間内の圧力が低下した場合には脳の組織が脊髄に向かい沈下してしまうことによって頭痛などの病状が出てきてしまいます。

このような症状は頭痛に限らなく、それ以外にも気分が悪くなることや吐き気がしてしまうことやひとつのものが2つに見えてしまうことや、耳が聞こえなくなること、首が痛いことや、めまいがしてしまうことなどが認められています。

また、液が漏れていないのにも関わらず同じような症状があらわれるケースも確認されています。

この低髄液圧症候群は手術や怪我が原因となり、生じることが知られています。

手術によって穴をあけてしまったり、とがったものが背骨に刺さることによって穴があいてしまい脳髄液が漏れだしてしまうことは比較的昔から知られていました。交通事故のむち打ち損傷などが原因になり穴が開くことは最近知られてきました。

このように、最近知られるようになった障害のうちの1つです。

合わせて読む:むちうち被害について